体験¥4,000~、お気軽にお問い合わせください。

ボディデザイン

ボディデザインのために重要な4つのポイント

体重だけにこだわらない!

体脂肪量減少

ただ痩せたいのでしょうか?ほとんどの方はメリハリあるカラダになりたいなど、見た目重視だと思います。
体重は落ちてもももの前に筋肉が付いてしまう、姿勢が良くない、上半身だけ痩せてしまったなど、これらは運動の内容に問題があります。

同じ1kgでも見た目はこんなに違います。
写真は左が脂肪1kg、右が筋肉1kg

綺麗に見える黄金比バランス

女性はウエストヒップ比

ウエスト÷ヒップで表される数値のことを「WHR」(Waist to Hip Ratio)と言います。プロポーション研究の第一人者であるアメリカの心理学者のデベンドラ・シン博士は、世界の16の文化圏を対象に、女性の理想のプロポーションについての調査を長年に渡って行いましたが「どこの国においても、WHR比が0.7の女性を最も魅力だと感じる傾向があった」と報告しています。

今をときめく、ミランダ・カーも黄金比!
■ミランダ・カー【81-61-86cm】【ウエストヒップ比0.7】

タイプの違う歴史的、世界的美女もウエストヒップ比は黄金比です骨盤の形や、脚の長さは変えることができませんが、この黄金比はトレーニングと食事管理によって作り上げることが可能です。

■マリリン・モンロー【94-61-86cm】【ウエストヒップ比0.7】
■オードリー・ヘプバーン【79-55-79cm】【ウエストヒップ比0.7】

※WHRだけでなくトータルで考えてメニュー設計をします。

男性はSHR

「SHR」Shoulder to Hip Ratioの略で、肩まわりとヒップのサイズの比率のことです。SHRは、以下の公式で算出します。SHR=肩まわり(cm)÷ヒップ(cm)そして、女性に最も好まれるSHRの理想値は1.3です。
※SHRだけでなくトータルで考えてメニュー設計をします。

ボディデザインで黄金比を獲得する3つのポイント

効かす

メリハリのあるカラダは“効く”トレーニングによって得られます。ターゲットの部位を効かすために、姿勢など個人の特性を見極めてフォームを作ります。

筋肉をつくる

ただ闇雲にトレーニングしても必要なだけの刺激が無ければカラダは変わりません。
ターゲットとなる部位に対したメニューを、科学的根拠を元に設定した回数とセット数を設定します。
筋力アップのトレーニングと、有酸素運動は効果が違います。マラソン選手と短距離選手の身体を見れば分かりますね。

男女の違いを理解する

人間の身体という点では変わりませんが、男性と女性は全く別物です。基本となる原理や筋肉の成長の刺激は変わりませんが、メニューは大きく違います。