体験¥4,000~、お気軽にお問い合わせください。

血糖値をコントロールせよ! 

  • 2020年7月15日
  • 栄養
  • 8view

インスリンってなに?でインスリンの働きについてはお話ししました。少しおさらいすると、食事をして血糖値が上がるとインスリンが分泌され、身体の筋肉や肝臓に栄養を運ん血糖値を下げてくれます。しかし、血糖値が急上昇し大量に分泌されると脂肪にも栄養を送ってしまい、脂肪が作られやすく分解されにくくなってしまいます。 

【ダイエットに重要】インスリンってなに?

関連記事

血糖値や糖尿病のお話で、「インスリン」という名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。そもそもインスリンとはどのような働きがあるのか。これは、トレーニングやダイエットをする上で必ず知っておきたいところです。  インスリンとは血[…]

 

他にも血糖値を乱すことで交感神経と副交感神経が乱れて睡眠障害を起こしたり、身体のストレスで疲れも感じやすくなります。精神状態も不安定になるでしょう。 

血糖値のコントロール

では、どのように血糖値をコントロールすればよいのでしょうか。 

基本的に血糖値が急上昇しやすい状況は、糖質の中でも消化吸収が早いものを食べたときです。一気に血糖値が上がりインスリンも大量に分泌されます。逆に吸収が遅いものは血糖値も緩やかに上がるので、インスリンも緩やかに分泌されます。そのようなインスリンの出方を数値にしたものを「グリセミック・インデックス」略してGI値といいます。 

GI値とは

高い食品は短時間で血糖値が急激に上がり、GI値が低いものは緩やかに上がるということです。血糖値が急激に上がった方がインスリンは過剰に出やすいと言われているので、GI値が低い食品を選ぶこと大切です。 

実際GI値は食品単体の数値なので、油や繊維質のものを食べると全体として消化は遅くなりますが、常に高GI なものばかり食べるのではなく日頃から低GIな食品を選択する意識が大切です。 

また、空腹時は特に血糖値が上がりやすくなります。そのためあまり空腹にならないようにうまく間食を挟むことも大切ですし、このような時こそ低GIな野菜から食べるなど工夫をしていきましょう。 

ここまで低GIな食品を勧めてきましたが、高GIな食品を食べても大丈夫なタイミングがあります。それはトレーニング後です。トレーニング後は筋肉に貯蔵されているエネルギーがなくなっているので、特にインスリンが筋肉に働きやすくなっています。そのためインスリンを働かせるために、高GIな食品をあえて摂取し回復させてあげましょう。つまり、高GIなものを食べたい場合はトレーニング後食べることをオススメします。 

まとめ

日頃はから無駄に血糖値を上げインスリンの過剰分泌させないように低GIな食品を選択。 

トレーニング後はエネルギーが枯渇した筋肉に栄養を運ぶために高GIな食品を選択する。 

空腹時は食べたいものをがっつきたくなりますが、常に低GI食品を意識し腹持ちをくすることでもそも空腹のタイミングを減らしてみましょう。 

少しの工夫が健康への一歩です! 

 

新宿・西新宿パーソナルトレーニングジム
YOSHIDAGYM パーソナルトレーナー
作  伊藤直弥
監修 吉田直輔

記事監修 GYM
パーソナルトレーニングジム、YOSHIDA GYM。大都会新宿、その中心的場所にある、西新宿高層ビル群の直近にジムはあります。時代を作り出す人々が行きかうこの都市から、たくさんのひとりひとりに潜んでいる活力、能力が引き出される、エンパワメントを。YOSHIDA GYM サイトはこちらから