体験¥4,000~、お気軽にお問い合わせください。

【ダイエットに重要】インスリンってなに? 

血糖値や糖尿病のお話でインスリンという名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。そもそもインスリンとはどのような働きがあるのか。これは、トレーニングやダイエットをする上で必ず知っておきたいところです。 

 

インスリンとは血糖値を下げるホルモンです。
 血糖値を上げるホルモンはいくつかありますが、下げるホルモンはインスリンしかありません。血糖値を下げるとは、血液中の糖分を筋肉や肝臓などに送り込んでくれるということです。 

 

インスリンの分泌

には、常に少量分泌されている「基礎分泌」と血液中に糖が流れ込んできた時に分泌される「追加分泌」というものがあります。 

これは身体が血糖値を一定に保つために起こす働きです。 

ざっくりいうと、食事で栄養が入ってきて血糖値が上がり、インスリンが追加分泌されて細胞に栄養が送られ、血糖値が一定に保たれるという流れです 

この時、筋肉にも栄養が送られるので筋肉を作るうえでインスリンの働きを良くすることはとても大切なことです。 

インスリンを出せばいいのか?

血糖値を上げてインスリンをどんどん出せばいいのか?

と思いますが、そうはいきません。血糖値の急上昇や乱れは身体にさまざまな悪い影響を起こします。 

特にダイエットでは、インスリンが過剰に分泌されると脂肪にも栄養を運んでしまいます。さらに脂肪を作る酵素の働きを助けてしまい、逆に脂肪を分解する酵素は働きにくくなってしまいます。つまり、脂肪が増えやすく減りにくい状況になるのです。 

しかし基本的にインスリンは、筋肉→肝臓→脂肪の順に働くインスリン・ヒエラルヒーというものがあります。そのため筋肉が多ければ多いほど、インスリンによって体脂肪が増える可能性は低くなります。筋肉を増やすことは基礎代謝を上げるだけではなく、こういった面からも太りにくい身体づくりとなるわけです。 

インスリン抵抗性・感受性

脂肪が増えると、このようなインスリンの働きが悪くなってしまいます。そういったインスリンの働きが悪いことを「インスリン抵抗性」といい、働きが良いことを「インスリン感受性」といいます。 

インスリンの抵抗性が高いと、血液中の糖分が細胞に運べないのでそれがまた体脂肪を増やしてしまいます。体脂肪が増えればまたインスリンの抵抗性も高くなり、負の連鎖となるわけです。 

インスリンの感受性が高ければ、筋肉に栄養を運んでくれるのでボディメイクでとても重要です。 

インスリンは良いものにも悪いものにもなります。 インスリンを良く機能するように。けれども出し過ぎないようにすることが重要です。 

 

新宿・西新宿パーソナルトレーニングジム
YOSHIDAGYM パーソナルトレーナー
作  伊藤直弥
監修 吉田直輔

記事監修 GYM
パーソナルトレーニングジム、YOSHIDA GYM。大都会新宿、その中心的場所にある、西新宿高層ビル群の直近にジムはあります。時代を作り出す人々が行きかうこの都市から、たくさんのひとりひとりに潜んでいる活力、能力が引き出される、エンパワメントを。YOSHIDA GYM サイトはこちらから