体験¥4,000~、お気軽にお問い合わせください。

【決定】部分痩せはできるのか!?

さっそくですが、部分痩せについて気になる方多いのではないでしょうか。

お腹だけ脚だけ二の腕だけ

そこで今回は「部分痩せの可能性について」お話ししたいと思います。

部分痩せはできない

運動生理学の常識では部分痩せはできないとされています。

体脂肪は身体がエネルギーを必要としたときに、脂肪酸となって脂肪細胞から飛び出していきます。エネルギーが必要とするのは身体全体であるため、部分的に脂肪酸を放出することはできない。というのが運動生理学での理由です。

ではなぜ、手首周辺より二の腕のほうが、ふくらはぎより太もものほうが脂肪が多いのでしょうか。

これは「血行」が関係してきます。

脂肪細胞から脂肪酸が飛び出すとき、それは脂肪燃焼ホルモン(アドレナリンやノルアドレナリン、成長ホルモン)などが働き、脂肪燃焼を促進させる酵素「ホルモン感受性リパーゼ(HSL)」が活性化されます。ホルモンは血液を通り全身にめぐるので、血液循環の良いところほど、HSLも働きやすくなり脂肪燃焼が起こりやすくなっています。

二の腕や太ももに比べ、手首周辺やふくらはぎは日常でよく使います。ということは、血液も良く流れていて、脂肪燃焼酵素も活性化しているということです。

さらに、活発に動いているということは、エネルギーを生成する「ミトコンドリア」が大量に存在することでもあります。つまり、血液を流しミトコンドリアを増やせば、その部分の脂肪は減りやすいということになります。

具体的には、トレーニングは高回数で行い部分的に血流を増やし、さらにその部分に筋肉を増やしていけば、脂肪はそこから優先的に燃えるということになります。

実際にテニスプレーヤーの腕は普通の人より皮下脂肪が薄かったそうです。

部分痩せはできる!

最新の研究では部分痩せはできるこのような研究があります。

「上半身のウエイトトレーニング+下半身の有酸素30分」と、「下半身のウエイトトレーニング+上半身の有酸素30分」と分けて上半身と下半身の体脂肪量と筋肉量の変化を測定しました。

結果は、「上半身のウエイトトレーニング+下半身の有酸素」郡では、上半身の体脂肪が下半身に比べて大きく減りました。また、「下半身のウエイトトレーニング+上半身の有酸素」郡でも下半身の体脂肪が上半身に比べて非常に大きく減っていたそうです。

この研究のトレーニングは、上半身下半身各5種目で1種目10回3セットと普通の内容です。

この研究からも部分痩せは期待できそうです。

さて、ここまで部分痩せができる可能性についてお話ししましたが、

部分痩せはさまざまな意見があり、絶対に部分痩せできるとは言い切れません。脂肪の付きやすい場所は男女や個人で変わってきます。

現に女性がお腹だけトレーニングしてお腹だけバキバキとはならないでしょう。むしろ偏ったトレーニングは姿勢を悪くし、けがの原因や見え方が悪くなる可能性があります。バランスのよい全身の運動と食事が大切ということは忘れないでおきましょう。

しかし、運動のきっかけが痩せたい部位のトレーニングからでもいいと思います。運動が慣れてきたら全身の運動を行い、運動から食事の意識が上がります。まずは気になるところから、運動してみてはどうでしょうか。

 

新宿・西新宿パーソナルトレーニングジム
パーソナルトレーナー
作  伊藤直弥
監修 吉田直輔

記事監修 GYM
パーソナルトレーニングジム、YOSHIDA GYM。大都会新宿、その中心的場所にある、西新宿高層ビル群の直近にジムはあります。時代を作り出す人々が行きかうこの都市から、たくさんのひとりひとりに潜んでいる活力、能力が引き出される、エンパワメントを。YOSHIDA GYM サイトはこちらから

ボディメイクの最新記事4件