体験¥4,000~、お気軽にお問い合わせください。

朝食を抜くと太りやすい身体に!? 

皆さんは朝食を食べているでしょうか?

ジムでの新規のお客さんで、朝食を抜いているという方は多くいらっしゃいます。 

特にダイエットの意識がある方は、朝は食欲もなく、食べなきゃ摂取カロリーも減るから痩せるだろう。という方が多い印象です。 果たしてそうでしょうか。 

 ストレスホルモン【コルチゾル】

まずここで「コルチゾル」についてご説明します。 

このコルチゾルは、ストレスホルモンと言われていて筋肉を分解し成長を妨げ、脳細胞をも破壊する悪玉ホルモンです。しかし、必要性もあり筋肉を分解して血糖値を高め、エネルギーを増やす作用があります。このおかげで朝に低血糖状態になることを防げています。これは、原始時代に朝に狩りをすることが多かったため、朝にエネルギーレベルが高くある必要があったからです。そのDNAにより、コルチゾルは朝に多く分泌されると言われています。 

つまり、朝は栄養を取らなければ筋肉が落ちやすいということです。 

筋肉が落ちれば、代謝が悪くなり太りやすい身体になってしまいます。 

起床直後の身体の状態

また、起床直後というのは前日の最後の食事から睡眠時間を経て、長い時間何も食べていないので、体内の栄養レベルが下がっている状態です。 

そのため、昼食前の空腹感も強くなって多めに食べてしまいがちです。さらに、何時間も空いた状態から昼食を一気に食べてしまえば、血糖値は急上昇し、脂肪に蓄積につながってしまいます。 

健康の為に朝食のすすめ

このように、朝食を抜くことで良くないことが起きています。 

何年も朝ご飯を食べていない人も今さらと思わず、2~3週間ほど朝食を食べてみてください。体調も良くなりますし、身体のリズムも作ることができるでしょう。 

 

新宿・西新宿パーソナルジム
YOSHIDAGYM 
パーソナルトレーナー
作  伊藤直弥
監修 吉田直輔 

記事監修 GYM
パーソナルトレーニングジム、YOSHIDA GYM。大都会新宿、その中心的場所にある、西新宿高層ビル群の直近にジムはあります。時代を作り出す人々が行きかうこの都市から、たくさんのひとりひとりに潜んでいる活力、能力が引き出される、エンパワメントを。YOSHIDA GYM サイトはこちらから